直江津いちごの日記 その弐 日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本海沿いの町 直江津往還 ―文学と近代からみた頸城野―」との一部始終


先日、NPO法人・頸城野郷土資料室監修、「直江津プロジェクト」編集による本が三冊届きました。
日本海沿いの町 直江津往還 ―文学と近代からみた頸城野―

筆者の生まれ住む直江津に焦点を当て、その歴史、風土、文化を掘り下げた今までにない本です。
この本にコラムをひとつ書いていただきたいと要請をいただいたのは、昨年2012年の夏でしたでしょうか。福岡で生まれ5歳から16歳の多感な時期を直江津で過ごした大学講師の古賀さん、直江津生まれでやはり大学講師の瀧田さんに、ぜひと言われました。

古賀さんとは、以前書いた筆者のブログ記事が別の本の参考になったということで、何度か店に訪問していただいてたものです。在京でありながら、資料集めや会合で頻繁に上越入りされてたようです。
いろいろお話しているうちに、筆者が直江津祇園祭で青年連合会のトップを経験したこと、直江津で生まれ育ち商売をしている者として、執筆に値する人間と思っていただいたのかもしれません。
そのうちに古賀さんは仲間の瀧田さんを連れてくるようになり、企画中の直江津にスポットを当てた新刊のコラムをという話しになったのです。

執筆にあたっては直江津祇園祭について、論文のような形式にこだわらず日記やブログを書くように気軽にと。目安として400字詰め原稿用紙で5枚から10枚に、手書きでもワードでもいいとのことでした。
計らずもその瞬間に構想はできました。調べれば誰にも分かるような祇園祭のあらましを書いても仕様がない、あの時の自分の一年の経験を順に書けばいい。それはなかなか他人が経験できない、直江津地区連合青年会の行動を知ってもらうにも好都合だ。と、こう考えたのです。実際地区連の活動は五年間におよびます。

かといって時系列の事項を羅列するだけでは面白くない、今までブログを書いてきたように私事も交え一工夫してみよう、とできたのがこのコラムです。

構想はできていても、あれやこれや書いているととても10枚では収まらなく、言葉を縮め端折って省略し、などとパソコンに向かい二ヶ月ほどで書き上げました。一人の直江津人として真摯に書いたので、店の宣伝などはしていません。

2012年はFM-Jに呼ばれて、「おまつりラジオ」で森田さんと3時間ほど祇園祭について喋りました。その前には、直江津小学校の3年松組に祇園祭の屋台について講義をおこないました。そして今回、直江津祇園祭に関する筆者の稚拙な文章が、こんな立派な書籍の一部として掲載されたわけです。
ちょっとした感無量状態で、もう思い残すことはないかもしれません。冗談ですが。
直江津人なら一家に一冊常備していただき、直江津バイブルのひとつとなれば幸いです。

直江津往還2

監修者のことば 石塚正英(NPO法人・頸城野郷土資料室理事長)

序論  古賀治幸

第1章 直江津の近代:交通の要所の復活 (古賀治幸)

<コラム> 林芙美子と継続だんご (花柳紀寿郎)

第2章 物流拠点としての直江津―今町湊の時代から (長谷川和子)

【余勢夜話】 保倉・直江津―思い出すままに (長谷川和子)

第3章 ダン一家と直江津―「赤煉瓦の異人館」案内板からの出発 (瀧田 寧)

【余勢夜話】 直江津ゆかりの音楽人 (瀧田 寧)

<コラム> 直江津育ちの文学者・松本恵子 (園家廣子)

第4章 「赤いろうそくと人魚」の背景を訪ねて
―〈南〉への憧憬と、回帰する〈北〉の記憶― (米田祐介)

<コラム> ドブネと水族博物館 (古賀治幸)

第5章 直江津と佐渡の「山椒大夫」 (杉山精一)

<コラム> 2002年の直江津祇園祭 (籠島 幹)

活動紹介 頸城野郷土資料室における「直江津文学碑めぐり」 (桑野なみ)

あとがき 瀧田 寧



なお、近隣の方で欲しいとおっしゃる方、若干ですがお安く用意できます。書店の商いの邪魔にならない程度に、そして筆者のサインなどが欲しいとおっしゃる奇特な方にはサインつきでお分けしたいと思います。
既に書店には入っていると思います。
スポンサーサイト

tag : 直江津往還 直江津祇園祭

2013年の直江津祇園祭

2013年の祇園祭も無事終了しました。
今年はバカあっちゃい、てほどでもなく、二日目と四日目が雨模様で一時は土砂降りになるほどでした。

二人で歩きつつ、撮った動画をまとめて載せます。デジタル一眼レフとコンパクトデジカメは今回、出番がありませんでした。

荒川端の袂で神輿を迎えます。前半


荒川端の袂で神輿を迎えます。後半

26日は金曜日と曜日も良く、ものすごい人出でした。
担ぎ始めた神輿は荒川橋西詰めの十字路に向かいますが、その付近も人が群がって身動きがとれず撮影はここまでです。

御幸町による神輿還御

28日のハイライトは御幸町の神輿還御。直江津中学校前を6時半ころ出発し町内を巡行してから、八坂神社に入ります。私は今年もトーチを持たせていただきました。

御幸町のお饌米奉納(裏側より)

あんまりライトが当たらない太鼓担当。私はずっと何か何か役員をして走っていたので、奉納時の屋台の状態が把握できてなかったです。
けっこう楽しそう。

最期は御幸町のお饌米奉納を表から。


直江津祇園祭を構成する全ての方々、ご苦労さまでした。
ではまた、来年。



-PR- ももの手づくり雑貨 7/13 更新 ももにゃんストラップ

新規の方、今のうちなら初回90分2000円で膝痛・腰痛・肩痛をとります。メールでご連絡ください。

武将隊セットが当たりました



3月13日に発表があったらしいのですが、上越市のコミュニティーラジオFM-J(エフエム上越)のリスナープレゼントに、私応募していたのでした。忘れてました。
ラジオを聞いていた友人が教えてくれましたよ。

森田さんのすまいるカフェは月に一度「武将れでぃお」として、上杉おもてなし武将隊の十吾郎どのが出演されていたということ。
で、プレゼントが「武将隊セット」。HPを見てみると、FM-Jのステッカーも入ってるらしい。投稿ついでに十吾郎どのを褒めちぎって、応募してみたらなんと、見事当選しましたでござりまする。かたじけない。
数年前、妙高ビールが当たって以来ですが、二度応募して二度当選してしまうというのも、なんだか申し訳なく。(応募者少なかったんでしょか。いやいやそんなはずは無い。)

セット内容は、武将隊面々のサインが入った色紙。義の塩。クリアケース。ステッカー。武将隊パンフと絵葉書。そしてなにやら名刺サイズにパウチされたカード。(何かに使えるのだろうか)

色紙の裏側には十吾郎どのが生放送中にかきかきしていたという、さまざまな事柄が。ここではないしょ。
色紙は店に飾ってありますので、見に来てください。

いや、FM-Jのステッカーが欲しくて応募したんじゃないですよ、ほんと。

-PR- ももの手づくり雑貨 3/22 更新  わんこの縫いぐるみ

新規の方、今のうちなら初回90分2000円で膝痛・腰痛・肩痛をとります。メールでご連絡ください。

tag : FM-J 武将隊

八坂神社神輿殿の神輿

神輿殿
この26日午後7時から放送される、FM-Jの「お祭りラジオ」。
その放送の中で取り上げられるでしょう、八坂神社の神輿殿であります。ラジオを聞かれる方は参考になるかも。
今現在、祇園のお神輿さんは高田へ旅に出ておられるので留守です。
本来右の手前、黒い馬のところにあるんですけどね。(この写真は2002年撮影のものです)

向かって左側が春秋のまつりに使われる神輿。そして右にある一際でかいのが昭和50年代半ば(1980年頃?)まで担がれていたという先代の神輿。本体で1,125kgあるそうなんで、棒を組めば約1.5tになるでしょうか。
子供の頃に見たはずなんだけど明確な覚えがないです。筆者が直江津に戻って青年会に入ったころには今の神輿で、そういえば「こんなちっこかったっけ」「自分がでかくなったからかなあ」と思ったもんです。

ラジオでは佐藤和夫さんが先代神輿の解説をしていただきます。祇園の神輿はやはり「鳳凰」でなくて「火炎宝珠」なのだ、というお話しです。お楽しみに。

この二基の神輿、「火炎宝珠」は神輿の天辺についています。「火炎宝珠」が乗っている台を「露盤」といいます。「露盤」から四方に広がり「蕨手」にいたる線を「野筋」といいますが、先代の神輿はこの「野筋」がガンと張り出し見事な迫力を見せています。実に力強い。

さてこの先代神輿を、いつか引っ張り出して担いじゃおう、という話しが持ち上がっています。筆者も目の黒いうちに一度担いでみたいと思っていたところ。高田まで送って川下り、とまではすぐには無理でしょうが、神様が乗っかった先代神輿、祭り期間の一時でも復活してくれたらなと思います。

ちなみにこの二基の「棒穴」を比べれば分かるように、棒の太さもまったく違います。果たして今の直江津のやんどもの力で、上がるかどうか。担いでみたいって骨のある直江津もん、ぜひ手をあげてくんないや!

では26日午後7時、76.1MhzFM-Jの「お祭りラジオ」でお耳にかかりましょう。
(しっかし、名前も年もばれちまうなや)


本日晴れたり曇ったり 風もなく蒸し暑い

FM-Jの「お祭りラジオ」に出ます!

早いもので、毎年恒例の直江津祇園祭まであと一ヶ月ちょい。
青年会を引退して、もう町内の神輿担ぎにしか参加していないけれど、いつもながら楽しみ。

店を始めてから四年間、26日の花火は一度も見ないで仕事をしてきた。直江津人としてあの日あの場にいないというのは、昔ほどプレッシャーにならずにはいたのだが。
そろそろ店のペースも出来てきたので、今年あたりはまた二人で荒川橋に行ってみるかいねや。終わってから店開けてもそんなに変わらないし、なんて話しをしていたらのんびりと花火見物というわけにもいかなくなった。

FM-J エフエム上越は新潟県上越市のコミュニティーFM局。周波数76.1MHzで高田本町の雁木通りプラザから、約6万世帯19万人あまりに身近な情報を上越地域に発信している。
そのFM-Jの森田さんから、ある日メールが舞い込んだ。
「お祭りラジオにゲスト出演していただけませんか」

FM-Jでは毎年7月26日の夕方から特別番組「お祭りラジオ」を生放送している。荒川橋の西詰め下流側、警察本部の隣に櫓が組まれその上にブースができる。
そこへ来て、祇園祭を語ってくれませんか、とのお話し。

かつて地元御幸町の青年会役員として十数年祭りに関わり、直江津地区連合青年会も経験させていただいた筆者。JCVのお餞米奉納生中継も二度ほどゲストで呼ばれているし、随分と前からHPで祇園祭を紹介している。
身近な町の中で横の繋がり、縦の繋がりができる行事。単純にばか騒ぎも好きだし、直江津にこんな祭りがあってよかったと思っている。
そんな経験と思い、第一線を離れた立場での見方。森田さんはそこを引き出したいようだ。
ラジオ出演も「テレホンじゃむ」に続き二度目。相方ものりのりで「出なさい」というので、快く引き受けさせていただいた。

個人的には「上越まつり」という総称が特別嫌いというわけではなく、直江津の祇園祭がその意義とともにしっかりと受け継がれていけばよい。高田の祇園も高田の祇園として、守っていければよいと思う。
祭りの姿形は、時代と共に変わってきたしこれからも変わってゆくはず。

八坂神社に祀られている三柱の神様。それは正しく神様であるしこの土地や日本全体の先達、祖先の遺志や平安への願いの総体と考える。そんな地元の神様を大事にする神事だけは蔑ろにしてはいけないし、変えてはいけない。
そんな堅い話しばかりじゃないけれど。

「お祭りラジオ」は7月26日の午後7時から。今年のテーマは「男の祭り」。ワイルドだぜぇ~。(もう古いか?)
プロフィール

直江津いちご

Author:直江津いちご

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
つぶやき
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。